愛人を作るメリット

愛人はお互いに話が通じ合うため、人生における悩みを解消するために役立ちます。楽しい人生を過ごしたい場合は愛する人がいればつらい時にも支えになるため、結婚をして子供を作って成長させる喜びを体感すると効果的です。人生は一度しかないため後悔をしないようにする方法が望ましく、愛人を探して充実できるように計画を立てると満足できます。
愛人はお互いの意思疎通をしやすいことを確かめ、お見合いやデートなどをしながら交流を深めると効果的です。人生は何でも気軽に話し合える相手がいなければストレスを感じやすく、孤独になると楽しくないために若い時にパーティーや飲み会などのイベントに積極的に参加する必要があります。結婚に対する考え方は人それぞれですが、幸せな人生にするためにはやりがいを感じることを見つけるため家庭を築く方法が望ましいです。愛する人を探す方法は彼女がいなければ婚活をすると新たなきっかけになり、悔いが残らないように今後の人生を楽しくすることを考えて最適な人を選ぶと安心できます。
愛人を作るメリットは今後の人生を楽しく過ごしやすく、孤独で寂しい思いをしないために安心できることです。結婚は若い時にすれば高齢で退職をする前に子供が成長するため、老後の生活を安心して過ごせます。愛人はお互いの考え方が合えば作れるため、積極的にコミュニケーションを取ると探しやすいです。結婚をする目的は人それぞれですが、離婚をしないようにコミュニケーションをしやすい相手を探す必要があります。

お客様から愛人に

私は社会人になり少しした頃、実家の両親の自営業が失敗して家計が火の車でした。
そんな時、まだ高校生だった妹が大学へ行きたいと言い出し入学金で100万円が必要になりました。
私は当時公務員でしたが、まだ新入社員だったため貯金も数万程しかなく、まとまったお金をどう稼げばいいか考えた時、最終手段であった風俗が頭に浮かびました。
もう今の状況を乗り越えるのはこれしかないと思い、ネットで調べた風俗店にメールし後日面接をして働くことになりました。
最初は働き方もよくわからずぎこちない接客ばかりでしたが、徐々にコツを掴みリピーターのお客様をたくさん抱えるだけの人気を保持し100万円を稼ぐことができました。
実家の両親も助けられたし、もしかしたら私は公務員よりも風俗の方が向いているのではないかと本気で考えるようになりました。
そうこう考えながらも公務員と風俗を掛け持ちしながら4年が経った頃、同期だった旦那と結婚、さすがに風俗は続けられないと思い悩み、リピーターのお客様で1番仲良くしていた40代半ばのおじ様に思い切って「パパになってほしいな」とお願いしてみました。
するとすんなりOKしてくれました。
月3万円の振込で、月に一回だけ会ってランチした後スーパーで1万円分の生活雑貨や食料のお買い物をさせてもらいました。
そのおじ様は身体の関係よりも私との時間を買ってくれる方だったので、月3万プラス1万の買い物と、愛人の相場としては安いですがその方と何年も愛人関係を続けています。

年上の男性が大好き

昔職場に年上の男性が大好きという女性がいました。その女性は見た目はとても可愛らしく、普通にモテるタイプの女性でした。合コンなどに行けば必ず言い寄ってくる男性がいて、付き合う男性はいくらでもいるだろうと考えられました。しかし彼女は必ず自分よりかなり年上の男性と付き合おうとしました。同じ年齢くらいの男性には興味がないらしく、そのため愛人をしているという噂も普通に流れていました。
その女性は相手が既婚かどうかは付き合うのには関係ないようでした。相手に奥さんがいようがいまいが、彼女には重要な事ではないのです。彼女は男性に奥さんがいた方が、よりその男性を魅力的に感じるような所がありました。女性からしたらやっかいな女です。
しかし社内では彼女が誰かの愛人をしているらしいという噂はいつも流れていましたが、誰の愛人なのかははっきりとはわかりませんでした。彼女はそんな事は自分から公言はしないし、もちろん社内の男性も彼女と付き合っていると言う人はいませんでした。彼女は仕事はよくできる女性でしたので、社内では重宝がられていましたし、性格に難があるわけではないので職場では良い同僚でした。
そんな彼女がある日突然会社にやって来なくなってしまいました。仕事で大きなミスをしたわけでもなく、なぜ辞めたのかわかりませんでした。後で社内で流れた噂によると、隣の部署の上役と付き合っていてそれが社内でバレて彼女は辞めさせられたそうです。愛人というのは会社の中でも立場が弱いのだなと痛感しました。

パパのことを思い出して

パパがいたことがあります。若い時です。会えばびっくりするぐらいのお小遣いをくれるので、嬉しかったです。そのお金でブランド物を買ったり、友人と旅行へ行ったり、色々な楽しいことをすることができました。甘えるといつも以上にお小遣いをくれたりしますし、お互いに都合の良い存在でした。また私よりも色々なことを知っているので、人生のあれこれを教えてもらうことは勉強になりましたし、愛人になることで女性として魅力度アップしたと思います。

 

彼からはいつもキレイでいるように・・と言われていたので、エステ、美容室は頻繁に行きました。もちろん彼がくれるお金を使ってです。着るものは彼の好みの服を着るようにしました。今思うと会う頻度は少なかったのに、私に対する要望が多かったですね。メイクとか身に着ける服や物など・・・。自分好みの女にしようとしていました。でも文句は言えないですね。私は彼のお人形さんのような存在でした。

 

愛人になって2年ぐらいでお別れしました。彼の方から連絡回数が減ってきたので、終わるのかなと思いました。他に新しい女性が出てきたんでしょう。よく2年も続いたなぁと思いますね。でも私は彼を引き留めようなんてまったく思いませんでした。去る者追わずですね。私みたいな性格だからこそ、愛人を楽しむことができたんだと思います。パパってとにかく若い女性が好きなんだなって思いました。お金があれば愛人っていくらもで作れると思います。ちなみに私も現在パパ募集中です。

パパという後ろ盾のある愛人とは

愛人は現在では定義が変わってきています、多くは若い女性が肉体を提供してその見返りに現金や物品をもらうのが定義ですし今でも変わりません。
今は経済的に給料が安く生活レベルがきついので若いOLなどが進んで求めてきています。
また変わったところでは男性が女性が愛人としていましたが経済的にも裕福な女性が若い男性を愛人とする逆の事も出てきています、女性の社会的進出によりものですがどちらにしても経済的に裕福な人が異性に見返りを求めて援助することには変わりません。
若い異性は魅力的ですし性的関係を得ることは魅力あるものですし甘い関係はメリットがあるからです、このように愛人は男性にしても女性にしても援助して見返りが求められるからこそ昔から現代まで変わらないですしやはり性的関係はいつまでも変わらないものでしょう。
しかし若いからこそ需要があり年を取るとこのような関係は終わるものでしょう、若い女性、若い男性の肉体はいつまでも魅力的ですし何よりも満足させてくれるからです。
例えきれいな女性でなくてもスタイルの良い女性は肌の艶や体のみりょくがらあるのでいつまでも情事を楽しみたいですし援助する価値があるからです、女性にしてもたくましい若い男性のカラダには虜になることでしょう。
愛人はこれからも変わらないものでしょう、未来でも変わりませんし何よりも性欲はいつまでも続くものですし求められるからこそ愛人としての価値が変わらないものでしょう。

ブルジョア弁護士が愛人を作る理由とは?

弁護士業界の就職難が叫ばれている昨今、登録5年未満の新人弁護士たちは、経済的にかなり苦しい状況に追い込まれています。それに比べて、いわゆるブルジョア弁護士と呼ばれる階級(経済的に成功している弁護士という趣旨です)は、手取り年収レベルで5,000万円?1億円以上を稼いでいる先生方もたくさんおられます。そして、このようなブルジョア弁護士は、かなりの確率で若い愛人を作るようになります。その理由は一体何でしょうか。
まず、経済的に成功してお金に余裕があることでしょう。ブルジョア弁護士は、ほとんどが既婚者ですが、弁護士という職業は個人事業主ですから、経費で落とせるお金をたくさん使うことができます。また、自らの収入・所得を配偶者に公開していない先生方も多数おられます。
そうなると、多くの先生方は月に100万円以上自由なお金を使えるようになりますので、夜の街に出れば必然的にモテてしまいます。そこで、お気に入りのホステスやキャバクラ嬢を愛人に仕立て上げ、配偶者の知らないところで愛人との密会を繰り返すようになるのです。
次に、弁護士という職業がストレスにまみれているという点も挙げられるでしょう。弁護士という職業は、一見華やかな世界のように見えますが、年収5,000万円?1億円以上を得ているような弁護士は、毎日死ぬ思いで働いているのが通常であり、胃に穴が空くような交渉を繰り返しています。そのような疲れ切ったときに、配偶者から子供のことで文句を言われるようだと、自宅に帰るモチベーションをなくしてしまうのは火を見るより明らかです。そこで、かわいい愛人のいるマンションに行き、疲れを癒やしてもらう方が良いと考えるようになるのです。
ブルジョア弁護士といえど人の子ですので、愛人を作って日頃の辛さを癒してほしいと思うようになるのでしょう。